2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

twitter

  • twitter
無料ブログはココログ

« すみませんねえ。 | トップページ | 黒塗りの車を巡って(2)総務課長のオワライ発言 »

2011年5月24日 (火)

市民メール紹介:虚しい桐生教育現場

<img src="http://sky.geocities.jp/yukiniwayama/2011.5.21times.jpg">
2011.5.21桐生タイムスより

本件に関しまして市民の方からメールをいただきましたので紹介します。

------------------------------------
お久しぶりでございます。庭山議員のご活躍はブログ・ピンクの紙の議員活動報告を見て、そのパワフルな言動にいつも感服する次第です。なかなか生まれ育った桐生人では思っていても言えないことがたくさんあり、どうも言葉を飲み込んでしまうことが多いのが現実です。ところで、教育委員会は何を考えているのでしょうか?新里東小のいじめ問題・・・先日のメディアの報道を見る限り、教育委員会は責任を回避するような方向でしか一般市民の目には写らない。100%責任がなければ、謝罪はないのでしょうか?少なからず客観的に見て、クラスのいじめも1つの原因で女子児童は自らの命を絶ったのではないでしょうか?裁判で判決が出るまで、その家族の気持ちを汲むことすらしないのでしょうか?「子育て日本一」を目指す、果ては教育目標が「桐生を好きな子どもを育てる」なんて言っても虚しく響くだけです。教育委員は何を考えているのでしょうか。自分の意見もないような教育委員は退場してもらいたい。桐生の教育の現場はその程度でしょうか。
--------------(以上、メールより)----------------------

先日、月に一度の教育委員会を傍聴してきました。たった40分間の定例会。月に約10万円の報酬をもらう委員とは思えない程度のものでした。ハッキリ言って、今の桐生市の教育委員に意見があるとは思えません。私も彼らの退場を望んでいます。次回、教育委員の選任があったときには、ハッキリ申し上げたいと思います。

しかし、議会は多数決です。市民の皆様には、「現在の教育委員は報酬に見合った職務を果たしてくれているのか」「具体的にどんなことを協議してくれているのか」「どの教育委員が、桐生市の教育をどう方向付けようと考えているのか」などお近くの議員や、できれば市長に問うて下さい。

市民の皆様のお力なくして、桐生市という行政体は絶対に変わりません。厳しい目で監視をしながら、市民の思いを伝え続けましょう!

« すみませんねえ。 | トップページ | 黒塗りの車を巡って(2)総務課長のオワライ発言 »

未分類」カテゴリの記事