2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

twitter

  • twitter
無料ブログはココログ

« 黒塗りの車を巡って(2)総務課長のオワライ発言 | トップページ | 嘘つき教育委員会(3) »

2011年5月28日 (土)

黒塗りの車を巡って(1)議長車にさえ厳しい反応

私も2期めになったので、少しばかりは手法を変えようと思ったけれど・・・やめた。それは以下のようなコトがあったから。

<b>その1.黒塗りの車の色を変えれば、市民の理解は得られると思ってんの?</b>

このたび新しく議長になった荒木さんが、議長選挙の前の所信表明で、自宅と議事堂間の議長車での送迎は辞退すると言ったことをブログに書いた。すると、複数の市民や市外の議員などから、「議長車とは、なんぞや!そんなんあるんかい?」「桐生の財政状況は厳しいのに、市長だけでなく、議長までも権威の象徴であるような黒塗りの車に乗っていたんですか?見直してほしいです」「市長や議長が、市役所の車で自宅と役所間の送迎してもらっているのはおかしい。自分で通勤すべきでは?」などメールや電話などをいただきました。

ところが実は<font size=5 color="#0000ff">桐生市は、権威の象徴・黒塗りの車を4台所有</font>しています。

1台は市長用。1台は議長用。もう2台は、特別職用(特別職とは、副市長や教育長などを指します)。

そこで、まずは車両係に行って事情を説明し、黒塗りの車に対する検討をするよう、せめて特別職用の2台は市民の理解が得られないだろうから、この2台に関しては可及的速やかに処分を考えた方がいいのではないか・・・と、やんわり言ってきた。

« 黒塗りの車を巡って(2)総務課長のオワライ発言 | トップページ | 嘘つき教育委員会(3) »

未分類」カテゴリの記事