2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

twitter

  • twitter
無料ブログはココログ

« 議会の中のイイコブリッコ競争、ハジマル。(2) | トップページ | 市民で圧力かけましょう!報酬審議会 (2) »

2011年6月18日 (土)

議会の中のイイコブリッコ競争、ハジマル。(1)

友人とランチした時の会話の一部をご紹介。

*  *  *  *

庭山:最近、議会がヘンなんだよね。
Kさん:桐生市議会がヘンなのは前からじゃん。
庭山:そのヘンなカンジが、違うんだよね。
Kさん:どういうこと?
庭山:なんかこう、調子が狂うというか。市役所のブチョーさん達の答弁は相変わらず、的を得ない言い訳ばっかりで腹立つんだけどね。議会が違うんだよね。例えば、挙手すると発言させてくれるし、「こういうことが分からないから反対」とかっていうと、後で調べて資料出してくれて説明までしてくれるし。あ。でも、ギウンでは相沢委員長が指して発言させてくれても、「ハイ、聞きました」ってスルーされるんだけどね。でも、やっぱり前と大きく違うのは、私に発言させることだよね。
Kさん:よかったじゃない。
庭山:良かったんだけど、なんか・・・こう、調子が狂う。この前経済建設委員会があったんだけど、農業委員会の議会選出基準をめぐって話し合ったのね。まず、話し合う事自体、なかったのよね。今までだったら、「もう決まってんのに、庭山うるせーよ!バーカ!」とかって言われるのがせいぜいだった。しかも、私が「農業委員選定の基準を委員会で決めるべきだ」と言って反対した件について、福島委員長は要項などの資料を出してくれた。そして話し合わせてくれた。そうすると副議長の周藤雅彦委員なんかも「戦前とか、昔のことはわかんねーけど・・・」などと経緯を説明してくれたのよ!もう、びっくり。でも驚いてばかりもいられなくて、「農業委員会から議会選出を委任されているならその基準を議会で、委員会で責任もって作らないと農業委員会の言いなりの議会になってしまう。地方議会のあり方には大いに疑問があるが、こういうことを繰り返しているとますます議会はいらないと思われるのでは?」なんて言ってみたりしたのよね。そうしたら結論的には、今後この委員会の中で選出基準について話合うことになったのよね。

« 議会の中のイイコブリッコ競争、ハジマル。(2) | トップページ | 市民で圧力かけましょう!報酬審議会 (2) »

未分類」カテゴリの記事