2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

twitter

  • twitter
無料ブログはココログ

« “からむギイン”と“からまれた議員”(2) | トップページ | 議会の中のイイコブリッコ競争、ハジマル。(2) »

2011年6月16日 (木)

“からむギイン”と“からまれた議員”(1)

過日の議会初日で、もうひとつ特記しておくことがありました。それは、特別委員会設置をめぐって、最大カイハと無会派間でちょっとした小競り合いがあったことです。今日の無会派控室での会話を再現する形でご紹介。

*  *  *  *

庭山:いや~、この前議会が終わった後、相沢さんにからまれて大変でしたよ。
飯島議員:ん?
庭山:ほら、議会のあった日、特別委員会設置の問題があったでしょ。水質と交通と、地方主権の特別委員会が設置された件ですよ。
飯島議員:あ~、アレね。
庭山:あの日、議会前の全員協議会で西牧さんが相沢委員長に、特別委員会の人数割について、地方主権特別委員会は委員になりたい議員が多いのだからもっと柔軟に人数配分を考えてもいいのではないかとか、無会派に1ワクしか与えられないのはおかしいとか、質問したじゃないですか。それを聞いていて、そうだよねー、でも前からそうだったしねー、カイハに入っていないというだけで、あまりもの委員会ワクしかないのはおかしいよねー、でも前からそうだったしねー、・・・って思っていたんですね。
そして今度は、議会の最後の特別委員会設置のところで、飯島さんが、委員会を設けること自体は良いけれど人数配分がおかしいって反対討論をやったじゃないですか。私、飯島さんの反対討論を聞いて、ハッとしたんです。その通りだなって。今まで無会派で“はじかれ慣れ”してたけど、カイハなんていう選挙の後に勝手にできる任意グループに入っているかいないかだけで議員の仕事ワクを制限されたり、ヤツらのあまりものであきらめちゃいけないって。それで、私も反対したんです。でも、とっさのことだったので、反対討論できなかったんです。それで議会終了後の地方主権委員会の中で相沢さんに、「委員会設置に賛成でサインしておきながら、討論聞いて反対するのは“裏切りだ!”とか“嘘つきだ!”この委員会設置に反対したヤツがここにいて良いのか?皆さんどう思います?協議しましょう!」とかってスイッチ入っちゃってからまれちゃたんですよー。

« “からむギイン”と“からまれた議員”(2) | トップページ | 議会の中のイイコブリッコ競争、ハジマル。(2) »

未分類」カテゴリの記事