2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

twitter

  • twitter
無料ブログはココログ

« 岩手県宮古市長への手紙 | トップページ | 議会事務局は議員の保護者じゃありません »

2012年5月26日 (土)

桐生市民怒るー汚染状況重点調査地域にがれきを持ち込む愚行

過日桐生に来て下さった山本節子さんが桐生のことを書いて下さいましたので紹介します。

WONDERFUL WORLD】山本節子のブログ

“桐生市民怒るー汚染状況重点調査地域にがれきを持ち込む愚行”

http://wonderful-ww.jugem.jp/

 富山県と立山町のあまりのデタラメさにうんざりした私が、次に向かったのは桐生市でありました。ところが、ここではさらなる狂気が。織物などで栄えた北関東の優雅なこの町は、今、フクシマの影響で、放射能汚染対処特措法の「汚染状況重点調査地域」に指定されています。平たく言うと、無視できない汚染があるから、調査した上で、除染などの措置が求められている地域です。これは、市町村が申請することになっているのですが…そこが、「がれきを受け入れ」に手をあげた、と聞いて。

 はっ? 汚染地域に指定してくれと言いながら、さらなる汚染を持ち込む? 桐生市にはすでに、高濃度の放射性物質を含む焼却灰や下水汚泥焼却灰が、行き場もないまま積み上げられているというのに? 

 桐生市役所に行ってさらに驚いたのは、「放射能調査係」という部署のカウンターの上に、プラケース似いれたがれきが飾ってあること! 密閉もされず・・…話を聞くと、ここの市長さんは、どうも国・県のシナリオを粛々とこなすだけという構図が見えてきました(不在で面会できず)。市民を守るべき市町村が、すっかり「絆」催眠にかかっているのです。
 これじゃあ、怒れる市民が直接行動に出ても不思議はありません!

---------------(ブログより一部抜粋)-----------------

山本節子さんが目撃したのは、コレです。

  2012521_3

わざわざ0.1マイクロシーベルト以上ある瓦礫を展示している通称 桐生のスズムシ・ボックス

16000ベクレルを超える汚泥焼却灰をお花見ブルーシートで包んでいる相生の処分場とともに、世界遺産登録

を目指したい!

2012417_3

周辺住民、企業になんの説明もなく、放射性廃棄物をこのように“カンリ”という投棄をしている桐生市相生処分場

亀山豊文市長率いる桐生市という自治体は、こーゆー自治体です

« 岩手県宮古市長への手紙 | トップページ | 議会事務局は議員の保護者じゃありません »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 桐生市民怒るー汚染状況重点調査地域にがれきを持ち込む愚行:

« 岩手県宮古市長への手紙 | トップページ | 議会事務局は議員の保護者じゃありません »