2013年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

twitter

  • twitter
無料ブログはココログ

« 相変わらずヘンテコリンな民主党議員 山崎たつえサン | トップページ | ただいま、増量中?! »

2012年8月17日 (金)

桐生市は、指定廃棄物最終処分場(8000Bq以上)になるかもね

こんな記事がある。

------------------------------

東日本大震災:指定廃棄物、最終処分場選定進まず 県、自治体の調整難航 /群馬

毎日新聞 20120817日 地方版

 埋め立て基準(1キロ当たり8000ベクレル)を上回る放射性セシウムを含む汚泥焼却灰や浄水発生土などの「指定廃棄物」。県内では今後指定される予定分も含めると約1047トンに上るが、県内に設置予定の最終処分場の候補地選定の協議は進んでいない。大沢正明知事は4月、指定廃棄物を保管している自治体ごとに最終処分場を新設する独自案を示したが、各自治体との調整は難航している。【喜屋武真之介】

 環境省は、9月までに最終処分場の候補地を選定する工程表を示しており、茨城、栃木両県は県内1カ所に集約して最終処分場を設置する方針で協議を進め、既に市町村向けの説明会も開催。

 一方、各自治体ごとの設置案を示した群馬県では、具体的な進展は乏しい。県内では、前橋▽高崎▽桐生▽渋川▽富岡▽榛東−−の6市村の下水処理場や浄水場などで指定廃棄物を保管。県は5月、6市村との全体会議を開いたが、いずれの自治体の担当者も最終処分場の設置には難色を示した。環境省も「県と6市村で調整していくということなので、動向を見守っている」と、県の対応を待っている段階だ。

http://mainichi.jp/area/gunma/news/20120817ddlk10040062000c.html

--------------(以上、記事全文)----------------

大澤群馬県恥事は、きっと桐生市を狙ってくるだろう。なぜなら、放射性物質を高濃度に含んだゴミや汚泥の灰を他の5市村よりもズサン極まりない状態で“カンリ(担当職員の言葉。私には、“遺棄”に見える)”しているからだ。

加えて、“ノーと言えない日本人の典型”のような亀山豊文市長だもんね。

でもね、そもそも、高濃度に放射性物質を含むモンは、国が一括集中管理するもんなんだよ!ふざけんなよ!バカヤロー!

« 相変わらずヘンテコリンな民主党議員 山崎たつえサン | トップページ | ただいま、増量中?! »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1523531/46724318

この記事へのトラックバック一覧です: 桐生市は、指定廃棄物最終処分場(8000Bq以上)になるかもね:

« 相変わらずヘンテコリンな民主党議員 山崎たつえサン | トップページ | ただいま、増量中?! »