2013年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

twitter

  • twitter
無料ブログはココログ

« 相馬のタコは東京と名古屋に卸された | トップページ | IAEAは福島県民のための仕事をするのか? »

2012年8月23日 (木)

何人死のうと、東電が被曝との関係を認めるわけがない

【作業員死因は心筋梗塞=「被ばくと因果関係なし」―東電】

 東京電力は23日、福島第1原発で22日に死亡した下請け企業の50代後半の男性作業員について、死因は急性心筋梗塞だったと発表した。「被ばくとの因果関係はない」としている。
 元請けの日立GEニュークリア・エナジー(茨城県日立市)から東電に報告があった。東電によると、同原発の復旧作業中に死亡したのは5人目。
 作業員は昨年8月から第1原発で作業。22日は夏休み明けで、汚染水貯蔵タンクの増設作業中だった午前950分ごろ体調不良を訴えた。 

時事通信823()1118分配信

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120823-00000044-jij-soci

-----------------------(以上、時事通信より全文)--------------------------

東電は、フクイチで何人死のうと、被曝との因果関係は認めないだろう。こんな奴らが、内部被曝なんて認めるわけがない。

加えて、今までの日本の公害史を振り返れば、被害を受けた国民を守った、あるいは守ろうとした政府ではなかった歴史的事実がある。

私たちは、私たちと私たちの次世代を守る最も重大な責任は、自分たちの手で、まず、身近なところから、ひとつずつやっていくしかない。

期待はしない。自分でやるべきことをやるだけ。

« 相馬のタコは東京と名古屋に卸された | トップページ | IAEAは福島県民のための仕事をするのか? »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1523531/46799177

この記事へのトラックバック一覧です: 何人死のうと、東電が被曝との関係を認めるわけがない:

« 相馬のタコは東京と名古屋に卸された | トップページ | IAEAは福島県民のための仕事をするのか? »