2013年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

twitter

  • twitter
無料ブログはココログ

« (3)デタラメな政務調査費使途と馴れ合いの監査 | トップページ | (1)飽きちゃうから半分の議員で審議する予算・決算特別委員会 »

2012年10月 9日 (火)

(2)お小遣いつきの行政視察

(2)お小遣いつきの行政視察
 議会のルールは議会を構成している議員が決めます。議員の報酬金額も、政務調査費の使途や金額も、視察旅費計算の仕方もすべて議員が決めます。

 行政視察は、課題や問題があるから行くのではありません。年度末に、一人当たりの視察旅費予算があてがわれます。桐生市議会では常任委員会の視察日の場合、ひとり23日で12万円です。議会事務局が、これを消化する距離にある視察先をいくつか選定します。そしてご丁寧に、もっともらしい視察項目まで考えてくます。また「6月の視察なら、関東は梅雨の季節だから、カラッとした北海道がいいよ」。こんなことをアドバイスくださった先輩議員もいます。

行政視察は職員同行の元、まるで大名行列のようです。視察時間は1自治体で2時間程度。小学校の社会科見学と大差ありません。夜の宴会費用も公費から支出されます。さらに、この視察に参加すると約1万円の余剰金が発生するように仕組まれており(例えば、グリーン車に乗らないのにグリーン料金で交通費が計算され、6000円~8000円のビジネスホテルに泊まるのに、1泊すると15700円の宿泊代が支給されます)、この余剰分は議員のお小遣いになります。「こういうことは市民の理解を得られないのではないか」。議員になった当初、疑義を唱えた私に、「我々は議会のルールにのっとってやっている。違法なことをしているわけではない」と言ってのけたのが、現在の桐生市議会議長の荒木恵司議長です。(注)視察旅費計算については、改選後条例改正されました。

加えて、何百万円も費やして大名行列のようなで視察に行って、視察先で勉強してきたことが行政で活かされた試しはありません。 

« (3)デタラメな政務調査費使途と馴れ合いの監査 | トップページ | (1)飽きちゃうから半分の議員で審議する予算・決算特別委員会 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1523531/47379385

この記事へのトラックバック一覧です: (2)お小遣いつきの行政視察 :

« (3)デタラメな政務調査費使途と馴れ合いの監査 | トップページ | (1)飽きちゃうから半分の議員で審議する予算・決算特別委員会 »