2013年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

twitter

  • twitter
無料ブログはココログ

« 大きな先輩のおかげで成功!黒保根土壌サンプリング | トップページ | (3)デタラメな政務調査費使途と馴れ合いの監査 »

2012年10月 8日 (月)

ヘレン・カルディコット博士の警告

小児科医のヘレン・カルディコット博士は、警告します。

「福島第一原発の事故は、チェルノブイリより多く、2.5回から3回、放射性物質を放出しています。さらに、日本は、ウクライナ、ベラルーシおよびロシアよりもはるかに人口密度が高いのです。これらの国々で、チェルノブイリの結果、25年以内100万人が死んでいます。そうすると、私たちは次の25年で、100万人を超える日本人の犠牲者に、直視せざる負えなくなるのです。しかも、この世代が、被曝の後、癌になるまでの潜伏期間は、2年から90年と、人によって、様々に異なります。
 こうした事実は、放射性物質にとりかこまれた環境と、放射性物質を含んだ食物に、晒され続けるであろう、未来の世代の日本人全てにあてはまります。」

<Helen Caldicott, Reader Suppoorted News, 28 August 2012>

参考)木下黄太のブログ

http://blog.goo.ne.jp/nagaikenji20070927/e/13fdf6cf53c16487958f48f1a8314caf

« 大きな先輩のおかげで成功!黒保根土壌サンプリング | トップページ | (3)デタラメな政務調査費使途と馴れ合いの監査 »

コメント

カルディコット博士の昨年4月ニューヨークタイムスの掲載に
福島の事故により「北半球でガン患者が増える」とありました。
「福島で」じゃありません、「北半球で」です。
私たちが想像する以上に事態は深刻だと思いました。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1523531/47352698

この記事へのトラックバック一覧です: ヘレン・カルディコット博士の警告:

« 大きな先輩のおかげで成功!黒保根土壌サンプリング | トップページ | (3)デタラメな政務調査費使途と馴れ合いの監査 »