2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

twitter

  • twitter
無料ブログはココログ

« 原発事故 子ども被災者支援法 | トップページ | 私たちが黙ってしまったら、子どもは守れない »

2013年1月22日 (火)

原発事故 子ども・被災者支援法の本当の狙いは?

この法律は、昨年6月に公布・施行されたものです。政府提出法案ではなく、国会議員によって立法された数少ない非常に珍しい法律です。与野党議員が協力して、当時の国会議員(衆議院・参議院)全議員が賛成したものだそうです。これは「理念」にとどまる『理念法』で、これから『基本方針』を策定するそうです。この基本方針を作るのは国会議員ではなく、復興庁の職員です。復興庁に問い合わせたところ、年度内に基本方針を作りたいとのこと

被災者のことを考えて急いでいるのか、ぼろが出ないうちにまとめてしまいたいのか。さあ、どっちでしょう?

これを読むと、日本政府が、東電が起こした福島第一原発事故による私たちの被曝をどう捉え、今後どう“利用”しようとしているのか見えてきます。

是非、ご一読ください。

« 原発事故 子ども被災者支援法 | トップページ | 私たちが黙ってしまったら、子どもは守れない »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 原発事故 子ども・被災者支援法の本当の狙いは?:

« 原発事故 子ども被災者支援法 | トップページ | 私たちが黙ってしまったら、子どもは守れない »