2013年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

twitter

  • twitter
無料ブログはココログ

« 日本維新の会 党首 トオルちゃんに捧ぐ♬ | トップページ | ドイツと日本 被曝したご遺体に対する対処の違い »

2013年1月27日 (日)

原発事故対策は警告と正確な情報提供しかない

最近、背筋が凍るような情報がツイッターなどのネットから流れてきている。そのひとつを紹介する。

【ドイツ政府の原発事故シュミレーション】

http://www.dailymotion.com/video/xkd1n0_yyyyyyyyyyyyyyyyyy_news#.UQZQtPFhiK0

1990年に行われたドイツ内務省の研究会では、放射能が非常に速く放出された場合、災害対策としては住民に警告を出すことと、正確な情報を提供するしか援助方法がないと結論されている。

日本政府は、マジで真面目に真剣に、原発事故はないと全く無防備だったのか。およそ20数年前にチェルノブイリ事故があったのに。

本当に全くのバカで、全く無防備で、50基以上の原発を作ってきたのか。

そして、いまだフクイチの事故は収束さえしていないのに、国民は避難どころか、放射性物質を拡散し続け被曝させられ続けているのに、原発再稼働とかいう気が狂ったとしか思えないバカ野郎どもが、この日本には、うじゃうじゃいる。

そんな国、・・・世界にとっても、地球にとっても、未来にとっても大迷惑だ。

« 日本維新の会 党首 トオルちゃんに捧ぐ♬ | トップページ | ドイツと日本 被曝したご遺体に対する対処の違い »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1523531/49029535

この記事へのトラックバック一覧です: 原発事故対策は警告と正確な情報提供しかない:

« 日本維新の会 党首 トオルちゃんに捧ぐ♬ | トップページ | ドイツと日本 被曝したご遺体に対する対処の違い »