2013年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

twitter

  • twitter
無料ブログはココログ

« チェルノブイリ事故から25年にわたる健康被害のまとめ | トップページ | 『親分の屁は臭くないです!』って言ってるみたいな群馬県 »

2013年2月13日 (水)

子どもの甲状腺ガンは原発と関係ないという福島県の意図

福島県甲状腺検査 3人が甲状腺がん、7人に疑い

福島第1原発事故を受けて、福島県が進める甲状腺の検査で、3人が甲状腺がんと診断され、また7人に疑いがあると報告された。
福島市では、医師などが出席して、原発事故の健康への影響について検討する会議が開かれている。
この会議で、福島県内の3人の子どもが、甲状腺がんと診断され、7人が、その疑いが強いと報告された。
福島県は、18歳以下の子どもを対象に、甲状腺の検査を進めている。
13日の会議でも、3人の甲状腺がんについて、原発事故の影響とは考えにくく、もともとあった、がんを発見したという見解が示された。

(フジニュースネットワーク 2013.2.13 13:19 福島テレビ

たちくらみを感じる。

昨年の福島県の健康管理調査では、548人の子どもに、甲状腺に5.1ミリ以上の結節あるいは20.1ミリ以上の嚢胞があるB判定が出た。そして、今、3人の子どもに甲状腺ガンがみつかり、ほか7人の子どもにも甲状腺ガンの疑いがあるという。

そして、どんな医師だかなんだか知らないが、『3人の甲状腺ガンについて、原発事故の影響とは考えにくい』と結論づけている。

これはね、東電も国も、もちろん福島県も責任を取らないってことを言ってるんだよ。

で、データだけ取られて殺されるんだよ。

いつかきた道・・・いや。それ以上のことが、・・・ ・・・おきませんように。

« チェルノブイリ事故から25年にわたる健康被害のまとめ | トップページ | 『親分の屁は臭くないです!』って言ってるみたいな群馬県 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1523531/49392267

この記事へのトラックバック一覧です: 子どもの甲状腺ガンは原発と関係ないという福島県の意図:

« チェルノブイリ事故から25年にわたる健康被害のまとめ | トップページ | 『親分の屁は臭くないです!』って言ってるみたいな群馬県 »