2013年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

twitter

  • twitter
無料ブログはココログ

« 『親分の屁は臭くないです!』って言ってるみたいな群馬県 | トップページ | 小児甲状腺がんは被ばくと関係があるとWHOだって認めている »

2013年2月15日 (金)

学校給食がヤバすぎるという現実

桐生でもそうだったけれど、岡山でも「流通している食品は国が厳しい安全基準を設け、検査をし、安全なものだけが流通している。だから、安全だ。」と教育委員会は言い切る。

しかし、現実はどうなのかといえば、共産党議員・宮本たけし氏が国会で質問しブログに書いているとおり、放射性セシウムで汚染された給食を出した学校は18都府県、46市区町村、433校26園になり、暫定基準値を超えた2校の内1校は1キロ当たり1293ベクレルという数字がでている。
このうち暫定基準値をこえた学校が2校。宮城県では1キログラムあたり1293ベクレルという恐るべき数値が出ました。「出荷制限等の措置があるから大丈夫」なんていうのは何の根拠もないことです。鹿野農水大臣も昨日の予算委員会で、「調査検査体制が十分だと思っていたところが、そうではなかったことにつては反省している」と答弁せざるをえませんでした。と宮本議員は書いている。

【日本共産党衆議院議員 宮本たけし】

学校給食食材の放射能検査体制について予算委員会で質問

http://www.miyamoto-net.net/column2/diary/1328155865.html

鹿野農水大臣も、国の検査体制は十分ではないことを認めているのだ。

農水大臣も検査体制が十分でないことを認めているじゃないか、教育委員会の諸君。ちょっとは危機感持ったらどうだ?今の日本の中じゃあ、『信じるものは被曝する』のだよ。

« 『親分の屁は臭くないです!』って言ってるみたいな群馬県 | トップページ | 小児甲状腺がんは被ばくと関係があるとWHOだって認めている »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1523531/49475545

この記事へのトラックバック一覧です: 学校給食がヤバすぎるという現実:

« 『親分の屁は臭くないです!』って言ってるみたいな群馬県 | トップページ | 小児甲状腺がんは被ばくと関係があるとWHOだって認めている »