2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

twitter

  • twitter
無料ブログはココログ

« 低線量被曝基準なんて根拠ないってICRPの委員が言ってる | トップページ | 復興予算は乞食みたいな自治体にめぐむカネ »

2013年3月11日 (月)

私の3.11の過ごし方

「地震が起こった3月11日の午後2時40分ころ、庭山さんは何をしていますか?」って記者に聞かれた。

庭山:何もしません。

記者:何も?黙祷とかは?

庭山:しません。して欲しいですか?

記者:いえ。そういうわけじゃ。何をしていますか?

庭山:いつもどおりです。翌日、仲間のママたちと陳情に行くのでその準備をしていると思います。

記者:それを取材に行ってもいいですか。

庭山:いいですよ、別に。

・・・ということで、黙祷もせず、陳情の準備をしていた。それをカメラがずっと撮っていた。

私の中では、3.11は終わっていない。毎日が3.11。何も解決しないまま、ただ、いたずらに、2年が過ぎた。

そしてこれから、長い時間をかけて、放射能でたくさんの人が、死んでいく。

何も終わっていないし、何も見えない。

« 低線量被曝基準なんて根拠ないってICRPの委員が言ってる | トップページ | 復興予算は乞食みたいな自治体にめぐむカネ »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 私の3.11の過ごし方:

« 低線量被曝基準なんて根拠ないってICRPの委員が言ってる | トップページ | 復興予算は乞食みたいな自治体にめぐむカネ »