2013年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

twitter

  • twitter
無料ブログはココログ

« 群馬県東毛エリアでWBC1000ベクレルで体に異変! | トップページ | 「東日本では生活できない」と結論づけた福島の人 »

2013年4月15日 (月)

死の灰の中で暮らす日常と体調の変化

春休みに群馬に行ってきた。事故前と変わらない普通の生活があって唖然とした。スーパーに行っても、群馬県産の野菜を中心に北関東や福島の野菜が陳列。また、道路っぱたで花を摘む幼子を見かけた。穏やかな、春のヒトコマだが、その子がしゃがんだその大地には、死の灰が降り積もっている。

限られた時間だったので多くの友人知人には会えなかったが、もともと心臓に病を抱える人は「ついこの間、悪化してね。ちょっと入院していたんだよ」という人や、口元にヘルペスができて辛いという人、喘息が悪化した中学生、低血糖で倒れたという子どもにあった。

不気味さを感じた。

悪い夢なら、もう、覚めて欲しい。

« 群馬県東毛エリアでWBC1000ベクレルで体に異変! | トップページ | 「東日本では生活できない」と結論づけた福島の人 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1523531/51237823

この記事へのトラックバック一覧です: 死の灰の中で暮らす日常と体調の変化:

« 群馬県東毛エリアでWBC1000ベクレルで体に異変! | トップページ | 「東日本では生活できない」と結論づけた福島の人 »