2013年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

twitter

  • twitter
無料ブログはココログ

« 鮎のセシウム濃度を地図に落とした海外情報 | トップページ | 桐生市の子どもたちの健康状態はどうなっているのか? »

2013年5月28日 (火)

子どもの選択:人体実験に身を呈するか、やけっぱちになるかしかないのか?

我が家にはテレビも新聞もないから、洗脳されずにすむ。ネットがあるから、毎日、本当に不愉快な、腹立たしい情報でいっぱいで、この怒りをどこにぶつけたらいいのかと、どう収めたらいいのかと。

それに加えて、今朝は、福島に住む人から電話があった。

福島第一原発事故当時、高校生だった子どもが甲状腺癌になった。国だか県だかから費用が出たのは2次検査まで。甲状腺癌の手術費用や通院費用は、被害者持ちということだ。現在、社会人になったその子は、会社勤めをしているが、通院や薬をもらいに行ったりするために、有給とっているとのこと

東電や行政が補償・賠償をしない理由は、『因果関係が証明されないから』だそうだ。

このことからも、東電も行政も、人体実験にしか興味がないことがよくわかる。

しかし、もっとわからないのは、甲状腺癌になって手術して通院をしているこの人が、未だに福島に住み続けていることだ。

大変申し訳ないが、全く、理解できない。

加えて、先日ツイートで見かけたが、小学生の子どもが突然、宿題をしてこなくなったという。理由を問うと「数年後にはどうせ死ぬんだから、勉強なんかしたってしょうがない」。

子どもが、不安になって、こんなにやけっぱちになっていることを、親は知らないのだろうか?

原発事故当初は、東電や国をはじめとする行政がどうしようもないと怒り心頭だったが(もちろん、今も変わりはないが)、事故から2年以上過ぎて、本当に腹立たしいのは、子どもを、こんなにもやけっぱちにさせている親だ。

避難できない理由や言い訳をどんなに考えたところで、全くなんにも意味をなさない。そんなことを考えるヒマがあるなら、とっとと避難させろ。

原発事故が起きるまで、親というものは、子どものいのちと健康を第一に考えているものだと信じていた。

原発事故が起きて、子どもを第一に考えられない親が、世の中に、こんなにいっぱいいたとは、ねpunch

« 鮎のセシウム濃度を地図に落とした海外情報 | トップページ | 桐生市の子どもたちの健康状態はどうなっているのか? »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1523531/51807885

この記事へのトラックバック一覧です: 子どもの選択:人体実験に身を呈するか、やけっぱちになるかしかないのか?:

« 鮎のセシウム濃度を地図に落とした海外情報 | トップページ | 桐生市の子どもたちの健康状態はどうなっているのか? »